Englanti

英語を勉強中の方へ趣味と英語をつなげる個人ブログ。勉強法、リスニング、スピーキング、日常フレーズ、洋画、その他雑記などをマイペースに配信。

「go」と「come」はどっちも「行く」?! goとcomeの違いを覚えよう!

f:id:ainne94225:20161102141248j:plain

 

こんにちは!

みなさんがよくご存知の「go」と「come」という2つの単語ですが、実は「come」も「行く」というニュアンスを持っているのは知っていましたでしょうか!!

 

今日はこの「go」と「come」について紹介していきたいと思います!

 「go」と「come」の使い方

おそらく多くの方がこの2つの単語を

 

go : 行く

come : 来る

 

と認識していると思います。

ですがややこしいことに、日本語で「行く」という言葉は英語では「come」と「go」で使い分けなければならないのです!

この2つの単語は

 

go : 話し相手や今いる場所から離れる

come : 話し相手のところに向かう

 

というニュアンスで使うことができます。

つまり日本語で言う「今からそっち向かうよ!」や「私も行っていい?」というフレーズを使いたい時は「come」を使わなければいけません。

 

逆に「go」は「今から◯◯にいかなくちゃいけないんだ」とか「明日◯◯にいくよ!」といったように話し相手から離れたり、目的の場所に行く時に使われます。

 

まとめ 

この感覚に慣れるまで少し時間がかかると思いますが、「相手のところに行く時はcome」と頭の中で覚えておけば正しく使えると思います。

 

私も日頃からどっちを使うのか頭の中でシミュレーションしてとっさのときに口から正しい方を出せるように練習していたので、ぜひ皆さんもやってみてください!

 

ではまた!!

Copyright ©Englanti All rights reserved.