Engltanti

Englanti

英語を勉強中の方へ趣味と英語をつなげる個人ブログ。勉強法、リスニング、スピーキング、日常フレーズ、洋画、その他雑記などをマイペースに配信。

英語が話せるようになるたった1つの方法と上達のコツをまとめてみた

f:id:ainne94225:20161118233004j:plain

こんにちは!

英語が話せるようになりたいなあと思ってる皆さんに、私自身も日頃実践しながら考えてることを伝えていきたいと思います。

 

実は、かつて英語を簡単に喋れるようになる方法はないのか、楽な方法はないのかと必死に探していました。笑

 

まず、結論から言うと英語学習には様々なアプローチがありますが、スピーキングの上達方法はたった1つの方法しかないです。そして、それが楽しいのか、楽なのか、苦痛であるかは人それぞれであって、いかに自分にあったモチベーションを作るかがスピーキングに限らず英語学習の鍵になります。

 

このモチベーションについての話はまたこんど言及しますが、今日は先ほど述べたスピーキングのたった1つの上達方法について掘り下げていきたいと思います。

 

英語のスピーキング、たった1つの上達方法とは

それはズバリ、自分で英文を考えてとにかく口に出すことです。

 

もう本当にこれしかないんだと留学を通して実感しました。ネット上で散々楽上達方法を探したんですよ、ほんとに。でも想像してみてください、今日英語をしゃべれない人が明日喋れるわけないですよね。

 

そしてよく留学経験者に英語どうやって喋れるようになったの?と質問すると「ん~、慣れだね」って返ってきますが、彼らは異国での生活に慣れたのではなく、英語を自分で考えてアウトプットすることに慣れたから上達して帰ってくるんです。

 

英語を自分で考えてアウトプットする機会なんて普段の生活でないよ~と思うかもしれません。しかしこれまで多くのバイリンガルが実践してきた方法があるんですね。それが、究極奥義「ひとりごと」です。

 

ひとりごとのススメ 

いきなりひとりごとを話せと言われても何を話せばいいのかわかりませんよね。

Siriに話しかけるでもいいし、友達と話す妄想や外国人の恋人ができたという妄想でもいいし、Mステでタモさんと英語で話してる妄想でも、とにかくなんでもいいんです。これまでYoutube等で数多くのバイリンガルの方達がそれを実践してオススメしてますし、私自身も実感しました。

 

でもひとり言は一人の時じゃないと喋れないですよね。私がオススメしているのは、誰もが一人になるシャワー/お風呂の時間です。その時間に先ほどの妄想をするでもいいですし、その日やったことや次の日やることを英語で言うんです。

これを数日繰り返すと、同じような内容のフレーズを言うのに時間を要さなくなります。そうなれば、あなたはそのフレーズをマスターしたも同然です。

 

まだ時間は必要だけど、英語を自分で考えて話す作業に慣れてきたなと思ってきたら、次は英語圏の人と話してみましょう。近くにそんな人いないよ!!なんて人もご安心。

このご時世、アプリやネット上でいくらでもラングエッジパートナーは見つけることができます。

 

 

それに気づいてしまうと、実は英語のスピーキングは留学なんていかなくても上達することが可能なんですね。(モチベーションや環境づくりという面で留学はかなりオススメです)

 

自分で考えてとにかく口に出すという王道かつ唯一の上達方法ですが、意識しなければならない最初の3つのステップがあります。そしてアウトプットの作業が有意義なものになるかは、これかを意識するかどうかにかかってくるのでぜひチェックしてみてください。

 

英語スピーキングの上達のための3つのステップ

日本語で考えない

これが英語脳を作る最初の壁だと私は考えています。

何か言いたい時に、一度頭の中で日本語で文を組んでしまうとその後英語に変換するため時間がかかってしまいます。最初に英語で文を考える癖をつけない限りスムーズに会話ができないので、まずはこの壁を乗り越えることから挑んでみましょう。時間がかかってもいいので、地道に繰り返すことが大切です。

 

英語で発音する

頭の中で英語で考えられるようになってきたら、次は発音です。頭の中で英語を組み立てて声に出す際、カタカナ英語になってはいないでしょうか。英単語をカタカナで読むのではなく、その表記のとおり素直に英語の発音で読むように心がけましょう。「なんか発音がネイティブっぽくないんだよな~」と思い始めたら発音記号を調べたり、アプリを使ったりして正しい発音を身につけるようにすると格段にスピーキング力がアップします。

 

語彙力を増やす

英語で考え、英語の発音を意識できるようになったら、自分のボキャブラリーを増やしてみましょう。自分の語彙力が少ないと、会話の中で毎回同じ言い回しや同じ相槌をすることになってしまいます。自分で調べたり、Youtuberから学ぶんだりするのもいいですし、ドラマや映画を見て登場人物が使ってる言い回しをそのまま真似するのもオススメです。

 

まとめ

英語が喋れるようになりたいけど何をしたらいいのか分からないという方、喋れるようになるには今日お話しした、自分で英文を考えてとにかく口に出すことがすべてです。近道や楽な方法はありませんが、それを楽しいものにするか退屈なものにして挫折してしまうかは、あなたのモチベーションや環境の作り方によって左右してきます。まずは自分にあった練習方法やアプローチを探してみることから始めてみてください。

 

今後このブログでも皆さんのモチベーションになるような記事をどんどん書いていく予定ですので、ご購読していただければ幸いです。

ではまた!

Copyright ©Englanti All rights reserved.